logo1.jpg




敷金問題や敷金トラブルでの悩み事とは?

敷金問題や敷金トラブルで悩んでいる人は多いようです。


先日このような悩みを持っている人がいました。


『約3年間住んだアパートを引越しすることになりました。


大家さんに引越しの時に畳の交換代として1枚につき数千円を請求されました。


畳は消耗品として扱われるので、交換代を支払うのはおかしいと思うのですが実際はどうなんでしょうか?


また、ふすまの紙も取り替えると言われ、交換代を請求されています。


別に汚したわけでもないのに、おかしいと思いませんか?』



なるほどねぇ。


敷金問題について悩んでいる人にとっては深刻な悩みですよね。


また、次のようなトラブルや不安を抱えている人もいるようです。


『退去時に敷金は返してくれないの?』


『最初に預けた敷金が思ったほど戻ってこなかった!』


『修繕費・クリーニング代・清掃料を払えといわれたけど、
それって大家さんの負担じゃないの?』



このような敷金返還に関する疑問やトラブルは、
非常に多いのが現状です。


しかし・・・


敷金の精算に不満はあるものの、裁判を起こすとなると
費用も時間もかかるし・・・


そもそもどうやって手続きしたらいいのかわからないし・・・


手続きも複雑そうだし・・・


このように思っている人も非常に多くいます。


あなたもこのように思ったことはありませんか?


一般的に、敷金トラブルが起こると賃借人が泣き寝入りするケースが多く、国民生活センターや消費者センターへの相談件数も大幅に増加しているそうですよ。


僕が先日読んだ書籍で、ちょうどこの悩みを解決する方法が載っていたので、敷金や保証金トラブルで困っている人の為にシェア致しますね。


実は・・・


続きを読む>>>

悪徳不動産業者が使う騙しの手口と対処法とは?

敷金とは、アパートやマンションの賃貸借の契約時に、
家主へ預ける保証金のことです。


契約終了時の際に、借主(入居者)に債務不履行(家賃滞納など)が
あればその賠償額が敷金から差し引かれます。


つまり、敷金とは、万が一何かあった時のために家主に預けておく
お金のことです。


したがって、何も無ければ本来、敷金のほぼ全額が借主に
返還されるべきものなのです。


敷金から支払わなければならないものは・・・

・未払い賃料

・故意、過失や通常の使用方法に反する使用による損耗に対する
 復旧費用

・新設または造作・模様替えをしている場合の原状回復費用

・退去時にキチンと掃除をしなかった。残留物等がある場合、
 清掃撤去費


などです。


つまり、普通に使っていれば、ほとんど差し引かれるものはありません。


それにもかかわらず、『修繕費を不当請求された!』などの被害が
多発しています。


不当な理由をつけて敷金を没収したり、暴利的な修繕費を請求する
悪徳大家も一部存在しますので注意が必要です。


ですが、敷金は交渉すれば必ず戻って来ます。


まず、入居契約時に退居時の敷金の返還について管理会社や
大家さんと細かく取り決めをしておくことが大切なのです。


この時、言われるままに納得するのではなく、
正当な主張をすることである程度取り戻すことが可能です。


全額を取り戻すことは難しいのですが、訴訟までもつれた場合、
ほぼ賃借人が勝訴しているケースがほとんどどです。


返金される金額は個々のケースにおいて状況が違うので一概に
『いくら』とは言えませんが、まず、予想以上に取り戻すことが
出来ますのでご安心下さい。


ただし、当然のことですが、自己の過失による破損・汚損などを
『経年劣化』であると主張し、その分までも取り戻すことは出来ませんよ。


敷金が戻ってくるか不安だ・・・

大家さんに敷金は返さないと言われた!

高額な修繕費を請求されて困っている!


このような場合でも決してすぐに諦めないで下さい。


一般的に賃貸契約は、借主が一方的に押し付けられる傾向が強いです。


しかし、契約を結んだ後でも、消費者の権利を著しく侵害する
内容なら、消費者契約法に基づき、敷金・敷引きが無効になる
ケースもあります。



この情報は敷金返還に関する専門家さんの情報なので間違いないハズです。


もし、あなたも敷金返還請求について悩んでいるのなら、
このサイトはきっと役に立つと思いますよわーい(嬉しい顔)


リンクを貼っておくのでもしよろしければ見てみください。


敷金返還請求の専門家さんのサイト


敷金トラブルについて次回は更に詳しく掘り下げていきます。


続きを読む>>>

敷金交渉の秘密とは?

前回ご紹介したサイトは見て頂けました?


もし、まだ見ていない場合はこちら


このサイトでは敷金返還の有料マニュアル「敷金交渉の秘密」も売られていたので思い切って購入してみたのですが、これが結構役に立ちましたわーい(嬉しい顔)


最初はインターネットで物を買うことに抵抗がありましたが、買ってみるとスグに商品をダウンロードして読む事が出来たので、何の心配もありませんでした。


■敷金交渉の秘密とは?


敷金・賃貸@コンサルの野村 智彦さんによる敷金返還交渉術をまとめたマニュアルになります。


このマニュアルには、どうすれば、敷金交渉をうまく進めることができるのか具体的な方法が記載されています。


敷金返還をするために内容証明を送るのは難しくないですが、これで大家さんが敷金を返してくれるわけではないかもしれないです。


今の不景気の時代は返したくないですからね。


法律家ではない一個人が大家さんや不動産と渡り合うには知識が必要です。


知識がないと、言いくるめられるのがオチです。


大家さんや不動産に対応できる内容証明を送らないとだめですね。


このマニュアルではそんなしっかりした内容証明を送ることができます。


ほとんどが送った後、相手が下手にでるというケースばかりです。


ちょっと勇気を出して見てみてください。


勇気を出して行動すれば、当然ながら敷金は戻ります。


こちらに過失がない限りは戻ってきます。


細かいことはここでは省きますが、通常であれば敷金は返ってくるものなんです。


しかし、あなたの不安は・・・・

●ちゃんと返ってくるのか・・・
●自分にできるのか・・
●不動産との関係を悪くしたくない・・・・

ではないでしょうか。


一つ言えることは色々不安はあると思いますが、このマニュアルは様々な経験を経て作られたマニュアルです。


つまり、色んなトラブルにも対処できるノウハウがつまってます。


そして、実際に敷金が返ってきているんです。


実は少額訴訟にすでに至っている方にも対応しているマニュアルなんですよ。


つまり、あなたには言えないほどの不安と質問、聞きたいことがあるかもしれませんが・・・


そんなことは・・・


ぜーんぶわかってるんです!


ご安心くださいってことです。


じゃないと交渉の秘密なんて言えないのですよ。


マニュアルなしでは長期戦に入るものでも、このマニュアルがあれば2週間もすればお金が入金されます。


それだけしっかりした備蓄されているノウハウなんです。


なので人から聞いた、調べたなど断片的な知識は捨ててください。


逆に邪魔になってしまうかもしれないからなんです。


不動産との関係なんて悪くなりません。


逆に下手に出てきますよ。


私たちの後ろには、野村さんと言うスペシャリストがいるんですから。


マニュアル購入後に180日間の無料メールサポートが付いています。


だから、わからなければすぐに野村さんに聞けばいいことなんです。


簡単ですよね?


決してこの大事な交渉を適当に考えているわけではなくて、すべてマニュアルと野村さんに頼ってくださいということなんですね。


■敷金交渉の秘密の感想


特に、ケースによっては敷金以外に仲介手数料や礼金を取り返せる情報なんかは絶対に巷では手に入らないのでとても参考になりました。


さらに、内容証明テンプレートも例文があり、後は自分の契約内容と照らし合わせて言葉を置き換えるだけですぐに作成することが出来たので大変に便利でした。


お蔭様で、敷金10万5千円全額を取り戻すことができたので、友人と韓国へ旅行に行ってきました。わーい(嬉しい顔)


もしよろしかったらあなたもご検討してみて下さい。


損はしないと思いますよ。


敷金交渉の秘密の詳細はこちらるんるん


次回は色んな有料マニュアルを比較してみますね。


続きを読む>>>

他にもこんな敷金返還に関する情報を見つけました!

調べてみた結果、敷金返還系のマニュアルは前回のマニュアルの
他にこんなものもあることがわかりました。


自分で出来る!敷金奪還キット〜敷引きにも対応〜


一人で勝ち取る!敷金返還請求


正直に言って他のマニュアルは購入して中身を確認したわけではないので、詳しい内容はわかりません。


しかし、前回、ご紹介した『敷金交渉の秘密』は中身も確認して、実際に敷金の返還に成功したのでご紹介させて頂きました。


賃貸トラブルのカウンセリングを受ける権利も5年間付いているので、今思うとずいぶんとお得なものを買ったようですわーい(嬉しい顔)


本当にラッキーでした(笑)


このようなマニュアル以外にも司法書士とか弁護士に敷金トラブルを依頼する方法もありますが、高額な費用が必要になる場合が多くあります。


類似商品やサービスは色々とありますが、
とりあえずこちらを買っておけば間違いないと思います↓


ヒロシがお勧めの敷金返還マニュアル


次回は敷金返還に関する恐ろしいお話をしちゃいますがく〜(落胆した顔)


続きを読む>>>

今後もあなたは敷金・保証金を騙し取られ続けますか?

今日は予告のとおり、敷金に関する恐ろしいお話です。


僕もそうでしたが、どうも世間の皆さんは敷金について
甘い考えを持っているようです。


本来、敷金は一般的には家賃の保証(担保)のようなものです。


家賃が滞納され支払われなかった時に、そこから補填しようとする目的で敷金を納めます。


しかし、最近は借主が出て行く時に借りていた部屋の補修(原状回復)を行う費用までも敷金の精算と称して、借主の負担にしてしまう事例があります。


いわゆる、原状回復を名目に敷金をぼったくるケースです。


特に敷金の高い関西地区ではその傾向が顕著で、
敷金の大半が戻ってこないケースが多いと言われています。


最悪な場合にはさらに増額した支払いの負担を不当請求されます。


また、敷金・礼金・仲介手数料は0円という物件もありますが、安心できませんよ。


入居時にシステム料金という名でそれなりの額を請求されたり、退去時に部屋の壁や床の修繕・掃除費などを請求されたりする場合もあります。


さらに、一部の大家さんや不動産会社の中には、どうせ弁護士を雇ってまで訴訟を起こす入居者はいないと高をくくり、平然と高額請求をしてくるケースもあるそうです。


大手の不動産会社だからといって、安心は出来ません。


入居時は何もリフォームをされていなかったのに、退去時はリフォーム代として敷金全額を請求したり。


これに抗議すると『みんな出るときはそうしてもらってる。お宅だけ特別というわけにはいかない。』と反論される始末。


『当社の規定がある』と言われ敷金の返金どころか、追加料として計35万の請求が来たケースなど。


調べてみたら出るわ出るわ大手不動産によるボッタクリ請求が・・・


もはや笑い事ではないですね。


あなたはこのままで大丈夫ですか?


自分の身は自分で守る時代です。


ボヤボヤしてたら、手遅れになってしまいますよ。


本気で考えているならこちらを購入した方が手っ取り早いです。


価格以上の価値はありますのでわーい(嬉しい顔)

ペットを飼っていると敷金は返還されないのか?

敷金は退去する時に消耗品などのメンテナンスで費用がかかるのが一般的ですが、ペット可能物件でも同じことなのでしょうか?


ペットの場合の日常生活の規準は家主、管理人によって違うので、直接聞くか契約書をよく読むことが必要です。


ある物件ですと、家賃がペットなしの方と同じであるために、「ペットによる汚れ
傷は程度にかかわらず、賃借人負担」という規約があります。


これは住人からペット飼っている方と飼っていない方が、家賃が同じなのはおかしいと苦情があったために規約を設けたそうです。


他の物件では、ペットを飼うことを報告してから敷金の1ヶ月分の請求もあったり、最初からすでに追加しているとこもあるそうです。


原状回復についても、ペットを飼っているために畳、クロス、カーペットなどは無条件で交換し、敷金からひかれることもあるそうです。


敷金返還は自分で出来ます!


詳細はコチラ

敷金と保証金の違いは何?

敷金や保証金の記載がありますが、これは何か違いがあるのでしょうか?


内容としてはほとんど同じものを指すようです。


敷金という表記は、個人向け住宅に使われることが多いようですね。


それに対し保証金は、事務所などの事業用物件で使われることが多いようです。


地域によっても違いがあり、敷金に一括しているとこもあり、保証金にしているところもあるようです。


つまり、同じということです。


ただ保証金には礼金も含んでいることがあるようです。


なので退去時には、原状回復費を除いて入居者へ返還されます。


しかし、礼金も含まれるので一定額を差し引いて残れば返還するという感じです。


この場合の表記は敷引きや償却といった表現で差し引かれるようですね。


この敷引き・償却分が礼金として扱われるようですね。


いずれにしても原状回復があいまいな原状で敷金を返還したいですね。


敷金返還は自分で出来ます!


詳細はコチラ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。