logo1.jpg




今後もあなたは敷金・保証金を騙し取られ続けますか?

今日は予告のとおり、敷金に関する恐ろしいお話です。


僕もそうでしたが、どうも世間の皆さんは敷金について
甘い考えを持っているようです。


本来、敷金は一般的には家賃の保証(担保)のようなものです。


家賃が滞納され支払われなかった時に、そこから補填しようとする目的で敷金を納めます。


しかし、最近は借主が出て行く時に借りていた部屋の補修(原状回復)を行う費用までも敷金の精算と称して、借主の負担にしてしまう事例があります。


いわゆる、原状回復を名目に敷金をぼったくるケースです。


特に敷金の高い関西地区ではその傾向が顕著で、
敷金の大半が戻ってこないケースが多いと言われています。


最悪な場合にはさらに増額した支払いの負担を不当請求されます。


また、敷金・礼金・仲介手数料は0円という物件もありますが、安心できませんよ。


入居時にシステム料金という名でそれなりの額を請求されたり、退去時に部屋の壁や床の修繕・掃除費などを請求されたりする場合もあります。


さらに、一部の大家さんや不動産会社の中には、どうせ弁護士を雇ってまで訴訟を起こす入居者はいないと高をくくり、平然と高額請求をしてくるケースもあるそうです。


大手の不動産会社だからといって、安心は出来ません。


入居時は何もリフォームをされていなかったのに、退去時はリフォーム代として敷金全額を請求したり。


これに抗議すると『みんな出るときはそうしてもらってる。お宅だけ特別というわけにはいかない。』と反論される始末。


『当社の規定がある』と言われ敷金の返金どころか、追加料として計35万の請求が来たケースなど。


調べてみたら出るわ出るわ大手不動産によるボッタクリ請求が・・・


もはや笑い事ではないですね。


あなたはこのままで大丈夫ですか?


自分の身は自分で守る時代です。


ボヤボヤしてたら、手遅れになってしまいますよ。


本気で考えているならこちらを購入した方が手っ取り早いです。


価格以上の価値はありますのでわーい(嬉しい顔)
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/89501796
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。