logo1.jpg




悪徳不動産業者が使う騙しの手口と対処法とは?

敷金とは、アパートやマンションの賃貸借の契約時に、
家主へ預ける保証金のことです。


契約終了時の際に、借主(入居者)に債務不履行(家賃滞納など)が
あればその賠償額が敷金から差し引かれます。


つまり、敷金とは、万が一何かあった時のために家主に預けておく
お金のことです。


したがって、何も無ければ本来、敷金のほぼ全額が借主に
返還されるべきものなのです。


敷金から支払わなければならないものは・・・

・未払い賃料

・故意、過失や通常の使用方法に反する使用による損耗に対する
 復旧費用

・新設または造作・模様替えをしている場合の原状回復費用

・退去時にキチンと掃除をしなかった。残留物等がある場合、
 清掃撤去費


などです。


つまり、普通に使っていれば、ほとんど差し引かれるものはありません。


それにもかかわらず、『修繕費を不当請求された!』などの被害が
多発しています。


不当な理由をつけて敷金を没収したり、暴利的な修繕費を請求する
悪徳大家も一部存在しますので注意が必要です。


ですが、敷金は交渉すれば必ず戻って来ます。


まず、入居契約時に退居時の敷金の返還について管理会社や
大家さんと細かく取り決めをしておくことが大切なのです。


この時、言われるままに納得するのではなく、
正当な主張をすることである程度取り戻すことが可能です。


全額を取り戻すことは難しいのですが、訴訟までもつれた場合、
ほぼ賃借人が勝訴しているケースがほとんどどです。


返金される金額は個々のケースにおいて状況が違うので一概に
『いくら』とは言えませんが、まず、予想以上に取り戻すことが
出来ますのでご安心下さい。


ただし、当然のことですが、自己の過失による破損・汚損などを
『経年劣化』であると主張し、その分までも取り戻すことは出来ませんよ。


敷金が戻ってくるか不安だ・・・

大家さんに敷金は返さないと言われた!

高額な修繕費を請求されて困っている!


このような場合でも決してすぐに諦めないで下さい。


一般的に賃貸契約は、借主が一方的に押し付けられる傾向が強いです。


しかし、契約を結んだ後でも、消費者の権利を著しく侵害する
内容なら、消費者契約法に基づき、敷金・敷引きが無効になる
ケースもあります。



この情報は敷金返還に関する専門家さんの情報なので間違いないハズです。


もし、あなたも敷金返還請求について悩んでいるのなら、
このサイトはきっと役に立つと思いますよわーい(嬉しい顔)


リンクを貼っておくのでもしよろしければ見てみください。


敷金返還請求の専門家さんのサイト


敷金トラブルについて次回は更に詳しく掘り下げていきます。


続きを読む>>>
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。